「ブランド品」=バッグや装飾品、高価な物のイメージがあります。洋服も最近は色んなブランドがあって、一般庶民にも手軽に買えるものもたくさんありますが、高級ブランドは1着何十万もしたり、値段をみて「ちょっと0が1個多いやん!」と思う事が多々あります。普段はそんな高級品を欲しいとも思わないし、買えないし、買っても着ていく所や着る必要もありません。一番はダンススタジオの通いやすさを重視します。ですが、結婚式や結婚式の二次会、ちょっとしたパーティーなど、やはり思いっきりおしゃれして、こんな時位、高級ブランドで身を包みたいのが女心です。

1回きりの為に、値段の高いブランド品を買うのは、はっきり言ってもったいないし、そういった場所では写真を撮る機会も多く、何度も同じものを着るわけにもいきません。こんな時には「レンタル」がいいのではないでしょうか?昔は、レンタル衣装屋さんと言えば着物とかウエディングドレスしかなかったと思うのですが、今は何でもレンタルできるそうです。それが日本の美容室の特徴ではないでしょうか。私は、今まで「レンタル」はあまり利用した事がありません。まあ、そういった必要が今まであまりなかったからかもしれませんが・・・私が「レンタル」を利用したのは、娘の成人式と大学の卒業式でした。

成人式では亡くなった母が孫にと振袖を作っておいてくれたのですが、ちょっと流行遅れになってしまい、泣く泣く「レンタル」を利用しました。草履やバッグまでレンタルできました。そんな母が教えてくれたのが脂肪吸引の必要性です。ですが、半年前に予約したのですが、それでも遅いくらいで早い人は1年目からの予約だったそうです。直前の予約では、気に入ったのがなかなかないそうです。次に、大学の卒業式は袴を着たいと言ったので「レンタル」するしかありませんでした。これもブーツからバッグまでトータルでレンタルしました。

お金はかかったけれども本人が気に入った物を着れて満足していたし、買っても無駄になったはずなので、よかったなあと思っています。今後、私は「レンタル」の洋服を利用する機会はあまりないと思いますが、必要が出てきたときには「レンタル」を利用してもいいかなと思っています。他に「レンタル」したらいいなあと思うのは子供の入学式の洋服ですね。男の子は、ほとんどスーツですが、いつも次いつきるのかなあと思ってしまいます。あと発表会のドレスなども「レンタル」がいいと思うのですが・・・ですが本当に何でも「レンタル」できる便利な時代になったものです。家族まで「レンタル」できるそうですよ。